桑田佳祐「偉大なる歌謡曲に感謝~東京の唄~」

桑田佳祐「偉大なる歌謡曲に感謝~東京の唄~」の特設サイトがオープンしていた。
WOWOW開局25周年×桑田佳祐第一弾

WOWOW様いつもありがとうございます。でも、いつも桑田さんやサザンのLIVEの時だけという期間限定での加入で大変申し訳ない…汗

今回はまず「第一弾」ですからね!!!「第一弾」!!!
第二弾が新曲に関する番組で、第三弾は年越しLIVE・・・的なの期待してます。
(→なので今年はずっと加入しているかも?!?笑)

さて、東京に関する歌謡曲ってどんな曲があったけなぁ…。

歌謡曲とかジャンル関係ない所で言うと、

すぐ"東京"というワードで思い出される曲は
「マイ・ペース」の東京という曲かな。
そして、「内山田洋とクール・ファイブ」の東京砂漠。
ウナ・セラ・ディ東京、東京ラプソディ・・・

あと、サザンだと東京シャッフルとかね。
桑田さんだと比較的最近だと、東京ジプシーローズとか。
桑田さん、東京多いな。笑

まー仕事でさ、
渋谷のアポだから「今日は渋谷で5時」とか、
アポの場所は西麻布、しかも雨で「雨の西麻布~♪」
とかこんな事言ってる20代いないよw

誰かしらが食いついてくれればなーという意図なんだけど(笑)

まー僕は「東京」というより「上京」って言葉の方が身に染みるな。
シャ乱Qの上・京・物・語とか・・・
地元の歌姫である福原美穂の「優しい赤」とか・・・ね。
優しい赤ないつでも泣けるな。真駒内の星。


そういえば、去年のサザンのアルバムが発売されたときに読んだ「葡萄白書」に歌謡曲の事も書いてあったよなー。
サザン桑田佳祐は歌謡曲をどう吸収してきたか セルフライナーノーツ『葡萄白書』でルーツ明かす

ヨシ子さん楽しみ。
ヨシ子さん~桑田佳祐.jpg

posted by ならぴー♪ at 22:47Comment(0)日記

虹色の湖【中村晃子】(1967年)

2曲目として紹介するのは中村晃子さんの虹色の湖!

【虹色の湖】
リリース年→1967年(私が生まれる20年前)
作曲→小川寛興
作詞→横井弘

私がこの曲を知ったのは最近で、桑田さんの2回目のひとり紅白歌合戦(2013年)で聞いた時。
イントロ始まった時点で、「あ、この曲ハマる!!」と感じた。

原曲はどんな曲なんだろうと調べてみたら・・・これまた格好良いのねー!
中村晃子さんの美しさが現代っぽいというかね。めちゃくちゃスタイルも良いしね。
(→これ、今から49年前の曲だって。)
そんな中村晃子さんがGSサウンドを歌う感じが、可愛くて格好良くてというかね。


今年TVCMを見ていてビックリしたのが、49年前の曲がイキナリ流れ始めたのだ♪
どうやら琵琶湖の宣伝CMに起用されていたみたいで、驚きと嬉しさでテンション上がった↑
(参照)旅せよ乙女。虹色エモーション。「滋賀・びわ湖」
世代ではなくとも、大好きな曲なのでね、現代の人の耳に触れる事は本当に良い事だと思う。

本当、昭和の曲は一目ぼれする曲が多い。